前歯の隙間や形が気になる

一番目立つ前歯だからこそ、永く美しい「セラミック」で

話すとき、食事をするとき、笑うとき、最も目につきやすい前歯の隙間、形が気になるという場合は次の選択肢で。
「オールセラミッククラウン」
「ハイブリッドセラミッククラウン」
「セラミック・ラミネートベニア」
これらの治療で改善することが可能です。

オールセラミッククラウン

天然歯に近い自然な白さを再現できるオールセラミッククラウンで、隙間のない、形のよい前歯をおつくりすることができます。
変色しにくく、適度な光の透過性で、ほとんど天然歯と見分けがつきません。

ハイブリッドセラミッククラウン

セラミックとレジンを混合してつくるハイブリッドセラミッククラウンで、前歯の隙間や形を改善できます。
質感はオールセラミッククラウンに多少劣ります。

セラミック・ラミネートベニア

前歯を薄く削り、そこにセラミックを貼りつけて自然な白さを再現するとともに、多少の隙間、形を改善することができます。他のセラミック治療と比べると、歯を削る量が少ない方法といえます。

※セラミック・ラミネートベニアは「剥がれることがある」といわれますが、当院では「咬み合わせ」をきちんと考えておつくりしますので、セラミックにかかる負担を軽減し、リスクを最小限に留めることが可能です。

症例

この方は、初診時28才の女性です。永久歯が顎の中で形成される幼少時期に、特定の抗生物質(テトラサイクリン等)を長期投与されると、その薬剤の影響で「歯牙変色」を起こすことがあります。

術中

この場合は虫歯による変色ではなく、虫歯に侵された部分を除去したり支台によって補強したりする必要がありません。よって、元々の歯牙を最大限に保存する観点から、歯の表層を必要最小限の削除にとどめています。

術後

厚さ1.0mm以下の薄さのセラミック・ラミネートベニアを、接着性の高いセメントを使い、つけ爪の様に歯牙表面に貼り付けます。白いきれいな歯が戻り、20年近く悩んでいた事が解決しました。