銀の詰め物・被せ物を白い歯にしたい

天然歯と同等の美しさを持つ「セラミック」で、長持ちする白さを

話すとき、笑うとき、銀の詰め物や被せ物はどうしても目立ってしまいます。レジン(歯科用プラスチック)も白くはありますが、透明感・質感の点ではやはり十分とはいえません。
当院では、セラミック(白い陶器)という素材を主に使用して、色・透明感・質感を限りなく天然歯に近づけながら、かつ長持ちする審美歯科治療が可能です。
金属を一切使用しない治療ですので、金属アレルギーの方も安心です。

銀の詰め物(インレー)を白い歯へ

オールセラミックインレー

その名の通り、セラミックのみでつくるインレーです。変色しにくく、水分を吸収しにくいため、美しい白さが長持ちします。

症例

術前
術後
術前
術後

ハイブリッドセラミックインレー

セラミックとレジンを混合してつくるインレーです。オールセラミックよりも柔らかく、咬み合う歯にも優しい素材といえます。オールセラミックと比べると色調は多少劣りますが、それでも十分に美しさを再現することができます。

銀の被せ物(クラウン)を白い歯へ

オールセラミッククラウン

セラミックのみでつくるクラウンです。変色しにくく、透明感のある白さが長持ちします。天然歯と見分けがつかないほどの、自然な美しさを再現できます。

症例

オールセラミッククラウンは既存の金属を一切使用していません。そのため、 金属アレルギーの方にも安心です。また、高密度焼結酸化アルミニウムはインプラント基準を満たしており、これは口腔内の軟組織とのなじみが良く、修復物周辺の歯肉を健康に保てることを意味しています。

術前

この患者さんは若い女性で上顎前歯の着色、審美障害で来院されました。

術後

できるだけ目立たずにきれいに修復したいという希望によりオールセラミッククラウンで修復しました。

術前
術後
術前
術後

ハイブリッドセラミッククラウン

セラミックとレジンを混合してつくるクラウンです。硬度が天然歯と近く、咬み合う歯を傷つける心配がありません。色調はオールセラミッククラウンに多少劣りますが、それでも天然歯に近いものを再現することができます。