2015.12.05更新

実は、日本人は欧米諸国と比較して、口元への美意識が低いといわれているのをご存知でしょうか?
ちょっと、旅番組や情報番組などをみているときの、諸外国、特に先進国と呼ばれる国々の方がどのような口元だったか、思い出してみてください。

歯が黄色かったり、銀歯が見えていたり、歯並びが異様に悪かったりという方って、あまりいないと思いませんか?
特に女性は、大変綺麗な口元の方が多いです。
確かに比較してしまうと、日本人が口元への美意識が低いといわれてしまうのは、仕方がないかと思います。

でも近年、日本人も口元への美意識が飛躍的に向上してきているなと、私は感じています。
しかし!残念なことに、その意識は歯にしか向いていないのです。

 

【歯ぐきの色を気にしたことはありますか?】

ホワイトニングやセラミックなどで、歯が白く綺麗になっても、それだけで口元が綺麗になったかと言われると疑問があります。
見落としがちなのが、歯ぐきです。
皆様は、自分の歯ぐきの色を気にされたことはありますか?

歯ぐきが健康的で綺麗な色をしていないと、いくら歯が白く綺麗でも口元が美しいとは言えません。
逆にですが、歯が白くなってしまうとおそらく、歯ぐきの色の悪さが、今まで以上に目立つはずです。
そうなると、人が受ける印象はその歯ぐきの色の方になってしまって、とても口元が美しいなんていう話にはならなくなってしまうのです。

 

【歯ぐきの黒ずみの原因】

もしかして、私の歯ぐきって黒ずんでいるかも・・・。
そう思われた方も多いかもしれません。
ではなぜ、歯ぐきの色って人によって違いが生じるのでしょうか?

① メラニンが原因

歯ぐきの黒ずみは、主にメラニン色素の沈着が原因です。
歯肉メラニン色素沈着といいます。
メラニン色素って?と思われる方も多いと思います。
もしくは、メラニン色素ってあのシミの原因の?と思われた方もいるでしょう。

メラニン色素とは、外からの害敵から身体を守るためにできる色素です。
紫外線にあたるとシミができる原理は、紫外線によって肌の奥底のメラノサイトが活性化し、メラニン色素が作られて、シミになるわけです。

では、歯ぐきの場合どうなのか?ということになります。
もちろん歯ぐきも紫外線にたくさんあたれば、メラニン色素が作られて黒くなります。
でも常識的に考えても、歯ぐきを紫外線にたくさんあてることなんて、ほぼないと思います。
つまり、歯ぐきのメラニン色素の沈着が起こる原因は、紫外線以外の原因の方が多いのです。

一番多い原因が、喫煙です。
タバコには、ニコチンやタールという有害物質が含まれています。
これらの有害物質から歯肉を保護するために、メラニン色素が作られ、歯ぐきが黒ずんでしまうのです。
ちなみに、受動喫煙でも今お話した同じことが起こることがありますので、お子様にも見られる現象です。

② メラニン以外が原因

歯ぐきの黒ずみは、メラニン色素だけが原因ではありません。
例えば、有名なのは歯周病です。
歯周病は最初の頃は歯ぐきは、どちらかといえば赤くなります。
しかし、歯周病が進行していくと、黒ずんだり、赤紫っぽい色に変色していきます。

また、差し歯や被せ物に使われている金属成分が歯ぐきに溶け出して、歯ぐきが黒くなってしまうことがあります。
これをメタルタトゥーと呼びます。
こちらの場合、その技工物と接触している歯ぐきの部分が黒ずむという特徴があります。

③ 差し歯の陰が原因

差し歯に、金属の土台を使ったものを使っている方がいると思います。
ちょっとした光のあたり方で、歯ぐきが黒っぽく見えることがあります。

実は口の中に光が入ると、口の内側の方から歯ぐきに光があたるようになります。
この時、差し歯に金属の土台を使ったものを使っていると、光が遮断されてしまって、歯茎の色が悪く見えるのです。

 

【治療法】

メラニンが原因の場合は、まずは禁煙です。
根本的な原因を取り除くことが、一番重要だからです。
なかなか難しい方もいるとは思います。
でも歯ぐきだけでなく、口腔内そして身体全体の健康を考えるのであれば、禁煙はとても重要です。

その上で、歯肉除去を行ないます。
これは、歯ぐきの表面に薬剤を塗布し、表層を薄く剥がすという方法です。
フェノールアルコールというものを使用した施術です。
ちょっとしみることもありますが、粘膜部分に薬剤がつかないように気をつけておこないますので、ほとんど痛みは感じないと思います。
一回でも十分効果を実感できる施術なので、当クリニックでは力を入れておすすめしております。

歯周病が原因の場合は、何はともあれ歯周病治療をしっかり行いましょう。
歯ぐきの色を気にしている場合ではありません。
大切な歯を失ってしまう可能性もあります。

差し歯や被せ物が原因となっているときは、オールセラミックの技工物にチェンジすることをおすすめしています。
そうすることで、歯ぐきの黒ずみを解消できます。



pic20151205141624_0.jpg

投稿者: 吉川デンタルクリニック