2017.01.18更新

京都・審美歯科お悩みガイドを運営しております、京都府中央区の吉川デンタルクリニックです。
当クリニックでは、審美歯科の実績が豊富で今も多くの患者様がご来院いただいております。
審美歯科に特化したクリニックではなく、機能性そして見た目の美しさ、さらには永年性を兼ね備えた治療を行うことをモットーにしている吉川デンタルクリニックでは、日々勉学そして研究に努め、技術向上を目指しております。
そのためにも当クリニックの院長である私は多くの学会に所属し、最新鋭の技術と知識の習得に注力しております。
その学会の一つが、日本審美歯科協会であり、私は現在の会長を務めさせていただいております。

さてその日本審美歯科協会では、定期的に日本審美歯科協会 学術講演会を開催しております。
次回の開催予定は2017年3月19日の日曜日で、この準備を私が中心に担当させていただいております。
第32回となる学術講演会は、国際会館駅に直結している国立京都国際会館で9時から16時40分までを予定しております。

第32回 日本審美歯科協会 学術講演会

 

【学術講演会の準備をしてきました】
第32回 日本審美歯科協会 学術講演会の主催担当である私は、日常の患者様の治療の合間をぬって、長い時間をかけて学術講演会の準備を行ってまいりました。
当日は最大、300名の方々がご参加いただける講演会です。
毎回、日本審美歯科協会の会員の先生方はもちろんですが、会員外の歯科医師と学生や研修医の方々が多くご参加いただいております。
参加していただく全ての皆様にとって、大切な長い一日の時間を有意義なものとできるようにと、講演会のスケジュールなどの企画から運営までを手掛けてまいりました。

まだ、開催までには二ヵ月ほどございます。
これから準備していかなければならないことも残っておりますので、最終準備に注力していく所存でございます。


【第32回日本審美歯科協会 学術講演会について】
学術講演会には、ミーティングテーマが用意されています。
第32回は「スペシャリストが語る難症例解決策」となっています。
歯科と一言で申しましても簡単な虫歯治療からはじまって、難しい症例まで患者様の状況は多岐に渡ります。
その難症例に対して、どのような対策を講じるのが適切なのかをディスカッションで検討していくスタイルです。

「日本審美歯科協会」という名前を聞くと、審美歯科に特化したものであるとお感じになられる方もいます。
しかし実際は、インプラントや歯周病などさまざまな症例をふくめた歯科領域の包括的な治療のスペシャリスト集団です。
今回の講演会では、「歯内治療」「審美インプラント」「前歯部審美」「矯正」「包括 咬合」のスペシャリストの会員を二名ずつ用意して難症例を挙げていきます。
これに対して解決策を、座長の意見や経験も踏まえてディスカッションいたします。

今回は、特別講師として大阪S.J.C.D. 最高顧問である本多 正明先生が登場します。
それだけに、多くの皆様からご期待いただいています。
多くの歯科に携わる方々にとって、成長の場となっていただけるような会にしたいと思っております。

 

【レベルの高い審美歯科を目指す】
レベルの高い審美歯科を実践して行くためには、審美歯科の領域だけを追究していてはなりません。
包括的な視野を持って技術や知識を磨いていかなければ、審美歯科のレベルの向上はできません。

ちなみにですが、日本審美歯科協会は日本で唯一の入会審査がある協会です。
誰でも希望すれば入れる学会などが多いですが、日本審美歯科協会の場合は審査に通過しなければ入会はできず、つまり日本審美歯科協会の会員はスペシャリストの集団となっています。
それだけにこの学術講演会で得られるものは、参加される皆様にとって大きな利益となると自信を持っております。

 

第32回 日本審美歯科協会 学術講演会の参加申し込みはこちらをご覧ください。

投稿者: 吉川デンタルクリニック